善玉菌を増やす

現代人は善玉菌を増やす必要がある!

 

腸内は人が健康で生活するのとても重要な場所なんです!

 

どれだけ体を鍛えて健康に気を使っていても腸内環境が悪いと意味がないと言われているくらい腸内というのは体にとって重要な場所となっています。

 

腸内環境が悪化することによって起こる現象には加齢臭や口臭など体臭の強化や免疫機能低下による病気リスクの上昇などがあります。

 

従って腸内環境を整えるということは病気になるリスクを低減させる効果があるということになります。

 

腸内環境に大きく関わってくるのが腸内細菌と呼ばれる腸内に住んでいる細菌の働きです。この細菌は、腸内細菌とよばれ悪玉菌と善玉菌に分けられます。

 

 

 

腸内環境を改善す為には、腸内細菌の善玉菌を増やす必要があります!

 

善玉菌は腸内で身体に悪影響がある物質を生み出す悪玉菌を撃退する働きがあります。この働きの結果、腸内環境が改善され活性化します。

 

善玉菌を腸内で増やす方法には、大きく分けて、「3つ」あります。

善玉菌(ビフィジス菌)を増やす食べ物(ヨーグルト・納豆など)を食べる!
善玉菌を増やすサプリメントを飲む!
善玉菌のえさとなる食品(オリゴ楼など)を食べる!

善玉菌を増やすために、「善玉菌(ビフィジス菌)を増やす食べ物(ヨーグルト・納豆など)を食べることですが、「食事で上手く」取り入れることが難しい、人は、「乳酸菌サプリ等」を活用することをオススメします。

 

乳酸菌などは、とても弱く腸まで届かせるのが大変です。その為、サプリメントだと腸まで乳酸菌が届くように研究開発されていて、効率よく腸まで乳酸菌などを届けることができます。

 

次に、善玉菌(乳酸菌)を腸まで届かせる「善玉菌を増やすサプリメント(乳酸菌サプリ)」を紹介します。

 

善玉菌を増やす【サプリメント】ベスト5

腸内の善玉菌を増やすことが期待できる「サプリメント」のオススメを紹介します。

善玉菌のチカラの特徴

噂のカスピ海ヨーグルトの乳酸菌をサプリにしました。

「フジッコ」は有名な食品会社としてよく知られています。スーパーなどで人気のヨーグルト「カスピ海ヨーグルト」を販売しています。

もともとカスピ海ヨーグルトは、長寿地域として知られているヨーロッパ東部のコーカサス地方から日本に持ち帰ったことにより日本に広まったと言われているヨーグルトです。

「フジッコ」では、通販限定で「カスピ海ヨーグルト」の乳酸菌をサプリメントにしました。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌(クレモリス菌FC株)をひと粒に20億個以上を凝縮したサプリです。クレモリス菌FC株は、デリケートな乳酸菌なので、生きたままカプセル化するのに、一年も試行錯誤しています。


この乳酸菌は、胃で死滅することなく腸まで届く乳酸菌と言われていて、善玉菌を増やしてくれる働きが期待できる乳酸菌です。

「善玉菌のチカラ」なら、毎日、カスピ海ヨーグルトを食べれない方でも、手軽に、クレモリス菌FC株を摂取できるようになります。

価格 2362(税抜き)円
評価 評価5
備考 通常\2362円(税抜き) 定期\2176円(税抜き)
善玉菌のチカラの総評

善玉菌を増やしたい思う方は、まずは、試してほしいサプリです。

生命の乳酸菌の特徴

熱に強い7種類の乳酸菌を厳選して配合しています。

熱に強い7つの乳酸菌(ラクリス菌、ナノ乳酸菌、K−1乳酸菌、K-1乳酸菌、キムチ乳酸菌、耐熱性ラブレ菌、EC−12菌)をまとめて配合しています。

さらに、胃酸でカプセルが解けないように、特殊なコーティングカプセルを採用したことで、善玉菌を増やすことが期待できる乳酸菌を腸までしっかりと届けることができます。

また、乳酸菌が腸内で増える為の「エサ」となる【オリゴ糖】も合わせて配合しているので、さらに善玉菌を増やすことが期待できます。

初回無料の「とくとくコース」のキャンペーン中です。

価格 3300(税込)円
評価 評価4
備考 通常\3300円(税込) 定期初回\0円 定期\2970円(税込)

乳酸菌革命の特徴

話題の乳酸菌を豪華に配合しら乳酸菌サプリです。

乳酸菌革命は、乳酸菌サプリのパイオニアとして、今では、四代目となりベストセラーとなっています。

乳酸菌革命には、3大乳酸菌(ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌)に加え話題の6つの乳酸菌が配合されています。

一般的な乳酸菌は、胃で死滅してしまいますが、乳酸菌革命では、「有胞子乳酸菌」を採用しているために、胃や十二指腸で死滅せずに腸まで届かせることができます。

さらに、耐酸性のカプセルを採用して、乳酸菌の死滅防止をサポートしています。

価格 2880(税込)円
評価 評価3.5
備考 通常\2880円(税込) 定期\2730円(税込)

花菜の選べる乳酸菌の特徴

2種類の乳酸菌サプリを交互に摂取する新発想のサプリ。

交互に2種類の乳酸菌サプリを飲み分けるという新発想の摂取方法を採用しました。

同じ乳酸菌ばかりではなく、異なる乳酸菌を摂取することで、乳酸菌がお互い活性化すると考えています。

2種類の乳酸菌サプリとは、「うつくし美菌5000億」と「すこやか健菌ナノ型」です。

定期購入の初回半額キャンペーン中です。

価格 6000(税別)円
評価 評価3
備考 通常\6000円 定期初回\3000円

久光製薬 乳酸菌(EC-12)の特徴

久光製薬の乳酸菌サプリです。

久光製薬の乳酸菌(EC-12)では、「生きた乳酸菌」ではなくあえて「死菌」を配合しています。

乳酸菌(EC-12)は、高度な加熱処理を行った「死菌」を使用していて、そのほとんどが紹介も分解もされることなく腸まで届いて、善玉菌の増加をサポートしてくれます。


また、善玉菌の栄養素となる、オリゴ糖も配合されているので、善玉菌を増やすサポートをしてくれます。

価格 1810円
評価 評価3
備考 初回\1810円、通常\6000円、定期\5400円

善玉菌を増やす【食べ物】ベスト5

 

善玉菌を増やすのにおすすめの食べ物(食品)を紹介します!

ヨーグルト

発酵乳製品のヨーグルトには、乳酸菌が豊富に含まれているので、善玉菌を増やすことが期待できます。

 

しかし、乳酸菌は弱いので多くが、胃の胃酸で死んでしまうと言われています。その為、効果的に乳酸菌を腸まで届かせる為には、「腸まで届く乳酸菌」である、「プロバイオティクス」と認定されている乳酸菌が含まれるヨーグルトとを選ぶことです。(参考:プロバイオティクスの仲間

 

と言っても分かりずらい面もあると思いますが、「特保」のヨーグルトと選ぶのも一つの目安になります。

チーズ

日本で販売されるチーズには、大きく分けて2種類あります。それは、「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」です。

 

「プロセスチーズ」は、「ナチュラルチーズ」を加熱・加工して作られるので、「乳酸菌」は存在してません。

 

つまり、善玉菌を増やすのは期待できません。善玉菌を増やすのなら、「ナチュラルチーズ」を食べるのが、良いでしょう。

 

しかし、ヨーグルトなどに比べると「乳酸菌」が少ないのが現実です。

納豆

納豆が健康に良いと古くから言われています。実際、様々な働きが確認されています。

 

納豆の「納豆菌」には、胃酸に壊されることなく腸の中で活躍できる納豆菌は、乳酸菌の何倍もの速さで腐敗菌を殺し、さらに腐敗菌の増加を押さえる働きがあります。

 

この働きで、善玉菌が優位な腸内環境づくりに貢献します。

味噌

大豆などを発酵させて作られる味噌には、「植物性乳酸菌」が含まれています。

 

味噌に含まれる「植物性乳酸菌」は、古くから日本人が摂取してきた馴染み深い乳酸菌として有効だと考えられます。

 

漬物(すぐき漬け・キムチなど)

漬物には、「植物性乳酸菌」が含まれています。漬物に含まれてる「植物乳酸菌」は、「酸」や「塩分」などの非常に強い性質があります。

 

その為、胃で死滅することなく腸まで届かせることが出来ると言われています。

 

特に、日本で京漬物「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌「ラブレ菌」は、植物性乳酸菌の中でも特に強い“優等生”だと言われています。

 

善玉菌のエサとなる【食べ物】

 

善玉菌の「エサ」となり増やす働きのある食べ物(食品)を紹介します!

 

オリゴ糖

オリゴ糖と言えば、便秘に良いと聞いたことがある方も多いと思います。

 

実はオリゴ糖は、善玉菌(ビフィジス菌など)のエサとして、善玉菌を増やす働きをしてくれます。

 

オリゴ糖は、胃酸などでの影響もなく腸まで届いてくれるので、「乳酸菌」にも劣らないほど、善玉菌を増やす働きをしてくれます。

 

大豆やゴボウ、アスパラなどの食品にも含まれていますが効率よく摂るには、オリゴ糖を抽出した食品を摂るのが効率的です。

 

スーパーなどで売られているオリゴ糖でも効果的ですが、より効果が期待できる純度の高いオリゴ糖が通販などで売られています。(参考:カイテキオリゴ

食物繊維

植物繊維は、便秘に効果的で、腸のお掃除役として知られています。悪玉菌が作り出す有害物質の排出をサポートします。

 

さらに、善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きもしてくれる優れた食材です。

 

ゴボウやインゲン、おから、エシャロットなどに豊富に含まれています。(参考:食物繊維総量の多い食品

 

善玉菌を増やすならストレスを貯めないコト!

 

ストレスは、胃や腸などの消化器官に与える影響が大きいようです。

 

ストレスで「胃が痛くなった!」、ストレスで「下痢になった!」なんてことは、よく聞く話です。

 

過剰なストレスによって腸内の働きが悪くなり、善玉菌が減って、悪玉菌が増えると言われています。

 

いくら、食べ物やサプリメントなどで、善玉菌を増やす努力をしても、「ストレス」で上手くいかないことになってしまいます。

 

過剰なストレスは、健康を維持する為には、出来るだけさけるように生活しなければいけません。

 

善玉菌を増やして、健康を促進する為にも、自分なりのストレス発散方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

善玉菌が増えると期待できる効果【ベスト5】

 

善玉菌を増えることで期待できる効果について説明します。

善玉菌が増えることで免疫力が向上する

腸内には数兆という数の細菌が生息していますが、細菌と聞くと体に悪さをするというイメージが定着している人も多く、あまり細菌に対してイメージが無い人も多いのではないかと思います。細菌の中には体に必要不可欠な細菌というのも存在しており、一概に細菌が体にとって毒だとは言えない部分もあります。体にとって必要な腸内細菌の中に善玉菌と呼ばれる細菌がありますが、免疫力を高めるためにも腸内の善玉菌を増やしたいと言われているように、体の免疫機能と善玉菌には深い関係性があります。

 

善玉菌を増やして便秘を改善

便秘というのは食事をした際に体内で必要な成分だけを抜き取った後の便の排泄が遅れている状態のことで、通常なら一日〜二日程度で体外へ便が排出されないといけないのですが、便秘になっていると数日から長くて一週間程度も便が排出されない状態が続いてしまいます。当然ながら排出されない便は体内で留まることになるわけですが、体内で留まっている便は腐敗が進み、それによって体に悪影響を与えるガスがたくさん発生して、体臭や腹痛などの原因となってくるのですが、便秘が慢性化してくると肩こりや疲労感など様々な不具合が出るようになります。

 

善玉菌を増やして下痢を改善

下痢になる原因にはいろいろありますが、人よりも下痢の頻度が高いと感じる場合は慢性的な下痢症になっている可能性が高くなっていて、この場合は腸内の環境が悪化していることが想定されますが、悪化させている原因となっているのが腸内細菌の中でも悪さをする悪玉菌と呼ばれる細菌です。悪さをする細菌がいれば、反対に体に良い効果をもたらしてくれる細菌もいるわけですが、この細菌を善玉菌と呼んでいて、腸内環境を改善する働きがあるため、下痢の改善のためにも善玉菌を増やしたいものです。

 

善玉菌が増やすことで腸の老化予防

年を重ねてくると昔に比べて自分の体臭やおならの臭い、便臭などがきつくなったと感じる人も増えてくると思いますが、これは腸の老化が進むことによって臭いがきつくなる場合がほとんどで、実際の年齢と違って腸年齢には個人差があるのが特徴となっています。腸年齢に個人差が出るのは食生活や生活習慣などで腸の環境がきれいな人や汚い人に差が出るためで、基本的に善玉菌が腸にたくさんある人は腸内年齢も若くなっているのですが、悪玉菌の割合が多いという場合はかなり老化が進んでいる可能性があります。

 

善玉菌が増やすことで生活習慣病予防

生活習慣病という病気はその名称の通り生活習慣が起因して発症する病気のことですが、生活習慣病の要素として大きい生活習慣としては食事や運動、睡眠、ストレスなどがあります。そして生活習慣病の代表として知られるのがガンや脳卒中、心臓病ですが、これらの病気は日本人の死因を占めるTOP3であり、特に40歳を超える中年あたりから病気の発症リスクが高くなると言われています。近頃は若年層においても生活習慣が乱れるケースが増えているため、若いからといって生活習慣病にかからないということはないので過信しないように注意する必要もあります。

 

 

善玉菌を増やすなら「善玉菌(乳酸菌)」を腸まで届かせることが重要!

 

善玉菌を増やす食品の代表的な「乳酸菌」は非常に弱い菌です。熱や酸で死滅してしまいます。

 

その為、食品として食べた場合は、胃でその多くが死滅してしまうと言われています。

 

その為、ヨーグルトメーカーでは、なんとか乳酸菌を腸まで届かせるために、いろいろな工夫をしています。

 

たとえば、酸に強い乳酸菌を見つけてヨーグルトに採用したりしています。それでも、腸まで届かせる確立としては、あまり高いとは言えないかもしれません。

 

また、腸まで届かせる工夫は、善玉菌を増やすサプリ(乳酸菌サプリ)でも行われていて、ヨーグルトなどに比べると、腸までの到達率は高いようです。

 

効率よく、乳酸菌を摂取するには、善玉菌を増やすサプリ(乳酸菌サプリ)の方が、良いと言えるかもしれません。

 

 

善玉菌を増やす「善玉菌(乳酸菌)」の注目「ベスト6」!

 
ビフィズス菌

ちなみに善玉菌と言っても、善玉菌という名称の細菌がいるわけではなく、体の中に住んでいる細菌の中でも体に良い影響を与える菌のことを善玉菌と呼んでいて、善玉菌は一つではないという特徴があります。いろいろある善玉菌の中でも特に名前が知られているのがビフィズス菌と呼ばれる菌ですが、この善玉菌は自身の力だけで悪玉菌に対抗することができるという特徴があり、これはビフィズス菌が悪い細菌に対して酸を生成することで対抗することによります。

 

ヤクルト菌

善玉菌を増やしたいと思ってもどうやって増やして良いのか分からないというのが本音だと思いますが、基本的に乳製品には様々な善玉菌が含まれているため、特に善玉菌としての効果がある乳酸菌から選んでいくとよいでしょう。乳酸菌の中でビフィズス菌と同じくらいの効果が見込めるのはヤクルト飲料に多く含まれているヤクルト菌という乳酸菌です。

 

L29乳酸菌

善玉菌としての働きが強い乳酸菌と言っても、近頃は様々な乳酸菌が研究されて開発されているため、それぞれの乳酸菌によって働きかける効果などにも違いがあります。人気を集めている乳酸菌の中にL29乳酸菌がありますが、この乳酸菌は腸内で善玉菌としての働きをして、特に耐酸性が優れているという特徴がありますが、耐酸性によって外部から取り入れた善玉菌が内臓機能によって失われてしまうのを防いでいます。

 

植物性の乳酸菌(ラブレ)

ちなみに乳酸菌と聞くと菌ということもあって生き物というイメージがありますが、乳酸菌の中には植物性タイプの乳酸菌も多くいると言われており、善玉菌としての挙動はもちろんのこと優れた耐酸性や耐久性を持っているということで注目を浴びています。ここでいう耐酸性や耐久性というのは食物や飲み物に含まれている乳酸菌が口の中から入り腸内に届く過程でどれくらいの個体が生き残れるかということですが、通常の場合は胃液や胆汁の酸によって溶かされます。しかし、植物性の乳酸菌はこれらの菌に対して耐性があるため、自然に腸内まで届く乳酸菌が多いという特徴があります。

 

LG21乳酸菌

近頃はドラッグストアやコンビニなどに足を運ぶと販売されている乳製品にLG21が含まれている乳製品を多く見かけるようになりましたが、これは善玉菌としての作用がある乳酸菌の一種となっていて、善玉菌を増やしたいという人がLG21のたくさん含まれている乳製品を購入するというケースは増えています。乳酸菌にはいろいろな種類があって、乳酸菌そのものが腸内で善玉菌として動くケースもあれば、腸内にある元々の善玉菌に作用して、善玉菌を元気にして増殖を促すような働きをするような乳酸菌もありますが、LG21の善玉菌に対しての作用としては善玉菌の生成に寄与し、それによって腸内環境の善玉菌を増やすという作用があります。

 

コッカス菌

善玉菌を腸内で増やしたいという理由は腸内の環境を保つということによって健康な体を維持するというのが大きな理由となっているのですが、それを手助けしてくれる乳酸菌にコッカス菌と呼ばれる菌がいます。また、コッカス菌は善玉菌を増やす働きをするだけでなく、体で悪さを働いている悪玉菌に対しても作用をして悪玉菌の総数を減らしてくれる効果もあります。