どっちつかずの日和見菌とは

どっちつかずの日和見菌とは

 

腸内の環境が悪化すると体全体の免疫機能を低下させると言われていますが、この原因となるのが腸内に生息している悪玉菌と言われています。

 

体全体の免疫機能を高めるためには悪玉菌を減らして体にとって良い影響を与えてくれる善玉菌を増やしたいところですが、そのためには善玉菌がたくさん含まれている食品と摂取する必要があります。

 

善玉菌を増やしたいと思っても食事の工夫などをしないと難しいのが現状なので、善玉菌が含まれている乳製品やサプリなどを摂取するというのが一般的となっていますが、これによって腸内の善玉菌を増やすことができます。

 

ちなみに腸内の細菌と言えば、上記の悪玉菌と善玉菌が有名ですが、体に良い細菌と体に悪い細菌以外にどっちつかずの日和見菌という細菌が生息しており、体に悪さをすることも無ければ、体に良い効果を与えることもないのが特徴となっています。

 

イメージ的には善玉菌と悪玉菌が常に主導権争いをしているという感じがありますが、この日和見菌は腸内に生息している細菌の6割以上を占めていることから分かるように、体に影響を与えることはないものの、腸内の主導権を握っているのは日和見菌となっています。

 

ちなみに日和見菌は時として善玉菌側に作用することもあれば、反対に悪玉菌側に作用することもあるように、常に中立という立場ではなくその時の腸内環境によって悪さを働くことや体にとって良い効果を与えることもあります。

 

関連ページ

腸内で増やしたい善玉菌とは
善人がいると悪人がいるように体の中で悪さをする悪玉菌と呼ばれる細菌もいるので、まずはそれぞれの違いを知りましょう。
善玉菌が増える仕組みと与える効果
善玉菌が増える仕組みと与える効果を説明します。
腸内で減らしたい悪玉菌とは
腸内で減らしたい悪玉菌について説明します。
悪玉菌が増える仕組みと与える害
悪玉菌が増える仕組みと与える害について説明します。
日和見菌が増える仕組みと与える効果
日和見菌が増える仕組みと与える効果について説明します。