悪玉菌が増える仕組みと与える害

悪玉菌が増える仕組みと与える害

 

腸内環境がきれいな人は寿命が長く、反対に腸内環境が悪い人は寿命が短いと言われるくらい腸は人間の体にとって重要な器官となっています。

 

どれだけ見た目がきれいな人でも腸内の状態が悪いと様々な病気リスクが高まるため健康や美を意識するのであれば、最初に腸内環境を考える必要があります。

 

腸内環境の状態を決める大きな要素が腸内細菌となっていますが、腸内には体に悪影響を与える悪玉菌と体に良い影響を与える善玉菌がいて、善玉菌は増やしたい細菌である一方で、悪玉菌は減らしたい細菌となっていますが、どちらも腸内に生息している細菌となります。

 

悪玉菌が増える仕組みとしては細胞分裂による増加が顕著となっていますが、当然ながら悪玉菌も細胞によって生成されているわけなので、細胞分裂するためには細胞を形成するための栄養分が必要となります。

 

悪玉菌の餌となるのがタンパク質や脂肪などですが、近頃は外国の食文化が日本に入ってきているということもあって高タンパクや高脂質の食事を摂る機会が増えることになり、これによって腸内に悪玉菌が増加している人はたくさんいます。

 

できれば善玉菌を増やしたいのですが、自分で食事制限や食事メニューを考えないと現代においては普通に毎日を過ごしていると悪玉菌が優勢になりやすい状態になっています。

 

悪玉菌が腸内に増えるとガンなどのリスクも高くなるので、そうならないためにも日頃から善玉菌を増やすことを意識することが大事です。

 

関連ページ

腸内で増やしたい善玉菌とは
善人がいると悪人がいるように体の中で悪さをする悪玉菌と呼ばれる細菌もいるので、まずはそれぞれの違いを知りましょう。
善玉菌が増える仕組みと与える効果
善玉菌が増える仕組みと与える効果を説明します。
腸内で減らしたい悪玉菌とは
腸内で減らしたい悪玉菌について説明します。
どっちつかずの日和見菌とは
腸内の環境が悪化すると体全体の免疫機能を低下させると言われていますが、この原因となるのが腸内に生息している悪玉菌と言われています。
日和見菌が増える仕組みと与える効果
日和見菌が増える仕組みと与える効果について説明します。