日和見菌が増える仕組みと与える効果

日和見菌が増える仕組みと与える効果

 

悪玉菌は減らして善玉菌は増やしたい腸内細菌ですが、腸内には両者の細菌だけでなく日和見菌という細菌も生息していて、悪玉菌は食事や便秘、ストレスや生活習慣などが起因して増える細菌ですが、善玉菌は乳製品に多く含まれていてヨーグルトなどから直接的に摂取して増やすことができる細菌です。

 

日和見菌という細菌は元から腸内に生息している細菌ですが、普段は悪玉菌でも善玉菌でもなく中立的な立場を保っている腸内細菌で、悪玉菌が腸内で優勢になりはじめると日和見菌は悪玉菌的な作用を働くようになり、一方で善玉菌が腸内で優勢になり始めると日和見菌は善玉菌的な作用を働きます。
このように中立という立場かと思いきや、属性を変化させるという変わった働きがある日和見菌ですが、腸内にとっては善玉菌を増やしたいので、できれば善玉菌が優勢な状態を保ち日和見菌にも善玉菌側の働きをしてもらいたいものです。

 

いずれにしても悪玉菌を増やさないためには日頃の食生活を見直すということが大切で、近年は悪玉菌が好みそうな食事を摂る機会が多くなっているため、自分でコントロールしないと知らない間に悪玉菌が増えてしまっているということも考えられます。

 

体に良い善玉菌を増やしたいのはもちろんですが、悪玉菌をこれ以上増やさないということを考えることも大事で、悪玉菌が増えずに腸内細菌で劣性になるなら日和見菌も善玉菌側の味方をしてくれる期待があります。

 

関連ページ

腸内で増やしたい善玉菌とは
善人がいると悪人がいるように体の中で悪さをする悪玉菌と呼ばれる細菌もいるので、まずはそれぞれの違いを知りましょう。
善玉菌が増える仕組みと与える効果
善玉菌が増える仕組みと与える効果を説明します。
腸内で減らしたい悪玉菌とは
腸内で減らしたい悪玉菌について説明します。
悪玉菌が増える仕組みと与える害
悪玉菌が増える仕組みと与える害について説明します。
どっちつかずの日和見菌とは
腸内の環境が悪化すると体全体の免疫機能を低下させると言われていますが、この原因となるのが腸内に生息している悪玉菌と言われています。