腸内で減らしたい悪玉菌とは

腸内で減らしたい悪玉菌とは

 

腸内で増やしたい善玉菌ですが、その一方で腸内に生息している細菌の中で減らしたい細菌が悪玉菌と呼ばれる細菌で、名前からも分かるように善玉菌というのは体の中で良い効果をもたらす細菌ですが、一方で悪玉菌というのは体の中で悪い効果をもたらす細菌となります。

 

ちなみに悪玉菌が増える仕組みとしては食生活や老化などがありますが、どんなに健康な人でも腸内に悪玉菌が生息しているのが普通で、悪玉菌が悪さを働かないのはそれ以上に善玉菌が生息しているためですが、これによって腸内の均衡が保たれているというものです。

 

腸内に増やしたい善玉菌は乳製品などに多く含まれていますが、悪玉菌については腸内に元から生息して食事によって得た栄養分を元にしてどんどん細胞分裂して増えるというのが一般的で、悪玉菌が好む肉類の摂取などが昔に比べて増えたことも腸内の悪玉菌が増える原因になっていると言われています。

 

悪玉菌を減らしたい場合は悪玉菌を減らすことを意識するよりも、善玉菌を増やすことを意識した方がよく、腸内に生息することができる細菌というのは決まっているので、常に善玉菌が優勢である状態が持続するというのが健康維持にも繋がってきます。

 

ちなみに悪玉菌が増えてくると免疫機能の低下を始めとして、ガンや生活習慣病などの病気を引き起こすリスクが高くなるため、特に生活習慣病リスクが高まる中年以降は腸内細菌に対して意識する必要も出てきます。

 

関連ページ

腸内で増やしたい善玉菌とは
善人がいると悪人がいるように体の中で悪さをする悪玉菌と呼ばれる細菌もいるので、まずはそれぞれの違いを知りましょう。
善玉菌が増える仕組みと与える効果
善玉菌が増える仕組みと与える効果を説明します。
悪玉菌が増える仕組みと与える害
悪玉菌が増える仕組みと与える害について説明します。
どっちつかずの日和見菌とは
腸内の環境が悪化すると体全体の免疫機能を低下させると言われていますが、この原因となるのが腸内に生息している悪玉菌と言われています。
日和見菌が増える仕組みと与える効果
日和見菌が増える仕組みと与える効果について説明します。