ヤクルト菌

飲みやすさを考えて善玉菌を増やしたい人にはヤクルト菌

 

善玉菌や悪玉菌と一言で言っても様々な種類の細菌がいるので、種類によって細菌の動きというのは変わってきますが、共通して言えるのは悪玉菌については腸内環境を悪化させて病気のリスクを高くするためできるだけ減らしたい細菌であるということと、腸内の環境を改善して病気リスクを減らす善玉菌は増やしたい細菌であるということです。

 

善玉菌を増やしたいと思ってもどうやって増やして良いのか分からないというのが本音だと思いますが、基本的に乳製品には様々な善玉菌が含まれているため、特に善玉菌としての効果がある乳酸菌から選んでいくとよいでしょう。

 

乳酸菌の中でビフィズス菌と同じくらいの効果が見込めるのはヤクルト飲料に多く含まれているヤクルト菌という乳酸菌です。

 

通常の善玉菌や乳酸菌だと食事や飲み物から摂取しても体の抗体反応によって腸内までたどり着けないことも多く、ヤクルト菌はこの抗体反応に打ち勝つように工夫して製造された菌なので、安定的に腸内に対してヤクルト菌を送り込むことができます。

 

ヤクルト菌を摂取することによって腸内に善玉菌を増やすことができるようになりますが、サプリタイプなどで摂取する場合はカプセルのまま腸内まで届くので、普通に飲用するよりもさらに腸内に辿り着く善玉菌の数は増えることになります。

 

ヤクルト菌を摂取することによって腸内環境の改善やそれによる病気リスクの低減が可能です。

 

関連ページ

増やしたい善玉菌のビフィズス菌とは
増やしたい善玉菌のビフィズス菌について説明します。
コストパフォーマンを考えて善玉菌を増やしたいならL29乳酸菌
コストパフォーマンスで考えた場合もL29のメリットは高いので、善玉菌を増やしたいというのであればL29が含まれている乳製品がおすすめです。
植物性の乳酸菌で善玉菌を増やせるのか
乳酸菌の中には植物性タイプの乳酸菌も多くいると言われており、善玉菌としての挙動はもちろんのこと優れた耐酸性や耐久性を持っているということで注目を浴びています。
人気のLG21で善玉菌を増やしたい
近頃はドラッグストアやコンビニなどに足を運ぶと販売されている乳製品にLG21が含まれている乳製品を多く見かけるようになりました。
善玉菌のサポートならコッカス菌
コッカス菌は善玉菌を増やす働きをするだけでなく、体で悪さを働いている悪玉菌に対しても作用をして悪玉菌の総数を減らしてくれる効果もあります。