ビフィズス菌

増やしたい善玉菌のビフィズス菌とは

 

腸内の中には体に対して良い効果を発揮する善玉菌と体に対して悪影響を与える悪玉菌と中立な立場にある日和見菌がいますが、この中でも特に善玉菌を増やしたいというのが体に対する効果や影響を考えた場合の最もの意見です。

 

ちなみに善玉菌と言っても、善玉菌という名称の細菌がいるわけではなく、体の中に住んでいる細菌の中でも体に良い影響を与える菌のことを善玉菌と呼んでいて、善玉菌は一つではないという特徴があります。

 

いろいろある善玉菌の中でも特に名前が知られているのがビフィズス菌と呼ばれる菌ですが、この善玉菌は自身の力だけで悪玉菌に対抗することができるという特徴があり、これはビフィズス菌が悪い細菌に対して酸を生成することで対抗することによります。

 

体の中で悪玉菌がたくさん増えてしまうと体に対して悪さを働くようになってしまうので、できるだけ体の中の悪玉菌を減らして反対に善玉菌を増やしたいのですが、ビフィズス菌が含まれている乳製品は多くあるので、ビフィズス菌が含まれている商品を摂取することによって体内の善玉菌を増やすことができます。

 

しかしながら体内に入って腸内に侵入することができたビフィズス菌はそこで永久的に分裂して数を増やすということができないため、体内にビフィズス菌を増やしたいのであれば、外部から定期的にビフィズス菌を送り込む必要があるので、乳製品やサプリなどを習慣付ける必要が出てきます。

 

関連ページ

みやすい善玉菌を増やしたいならヤクルト菌
ヤクルト菌を摂取することによって腸内環境の改善やそれによる病気リスクの低減が可能です。
コストパフォーマンを考えて善玉菌を増やしたいならL29乳酸菌
コストパフォーマンスで考えた場合もL29のメリットは高いので、善玉菌を増やしたいというのであればL29が含まれている乳製品がおすすめです。
植物性の乳酸菌で善玉菌を増やせるのか
乳酸菌の中には植物性タイプの乳酸菌も多くいると言われており、善玉菌としての挙動はもちろんのこと優れた耐酸性や耐久性を持っているということで注目を浴びています。
人気のLG21で善玉菌を増やしたい
近頃はドラッグストアやコンビニなどに足を運ぶと販売されている乳製品にLG21が含まれている乳製品を多く見かけるようになりました。
善玉菌のサポートならコッカス菌
コッカス菌は善玉菌を増やす働きをするだけでなく、体で悪さを働いている悪玉菌に対しても作用をして悪玉菌の総数を減らしてくれる効果もあります。