善玉菌を増やすこと活性化したる腸がもたらすこと

善玉菌を増やすこと活性化したる腸がもたらすこと記事一覧

腸内には数兆という数の細菌が生息していますが、細菌と聞くと体に悪さをするというイメージが定着している人も多く、あまり細菌に対してイメージが無い人も多いのではないかと思います。細菌の中には体に必要不可欠な細菌というのも存在しており、一概に細菌が体にとって毒だとは言えない部分もあります。体にとって必要な腸内細菌の中に善玉菌と呼ばれる細菌がありますが、免疫力を高めるためにも腸内の善玉菌を増やしたいと言わ...

現代人の悩みで多い一つに便秘の悩みがあります。便秘というのは食事をした際に体内で必要な成分だけを抜き取った後の便の排泄が遅れている状態のことで、通常なら一日〜二日程度で体外へ便が排出されないといけないのですが、便秘になっていると数日から長くて一週間程度も便が排出されない状態が続いてしまいます。当然ながら排出されない便は体内で留まることになるわけですが、体内で留まっている便は腐敗が進み、それによって...

腸内に生息している細菌は数百種類に上るとも言われていて、総数で見ると数兆を超える数の細菌が生息しているわけですが、その細菌を分類する際に悪玉菌と善玉菌という細菌のグループで分けることが可能で、善玉菌は体にとって必要な細菌であるのに対して悪玉菌は体にとって不要な細菌となっています。生まれて間もないころは腸内細菌で占める割合は悪玉菌よりも善玉菌が優勢なのですが、加齢に伴って善玉菌よりも悪玉菌が占める割...

年を重ねてくると昔に比べて自分の体臭やおならの臭い、便臭などがきつくなったと感じる人も増えてくると思いますが、これは腸の老化が進むことによって臭いがきつくなる場合がほとんどで、実際の年齢と違って腸年齢には個人差があるのが特徴となっています。腸年齢に個人差が出るのは食生活や生活習慣などで腸の環境がきれいな人や汚い人に差が出るためで、基本的に善玉菌が腸にたくさんある人は腸内年齢も若くなっているのですが...

人間は生きるために食事をして、そこから体に必要な栄養分を体に取り入れて生命の維持に繋げているわけですが、食事で摂ったすべての物が体の中に取り入れられるというわけではなく、体にとって不要だと判断される分については便として体外に排出されることになります。便が緩くなってしまう症状を下痢と呼んでいますが、下痢というのは一時的な症状の場合と慢性的な症状の場合があり、一時的な症状の場合はウイルスなどの働きによ...